ある引退者の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 中山道(4-2)

<<   作成日時 : 2017/07/13 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨夜は中村屋に泊まった。素泊まりで、「訳あり部屋」で、税込み5,700円。訳あり、とは 部屋からの景観無しと風呂は大風呂のみ。駅前ホテルの景観は要らないし、大風呂に入りたい。でもこんなに広い。18畳ある。
画像


塩尻の中央線の本数は少ない。昨日の夕方は1時間に1本。今朝は6:51の次は8:17。8時半過ぎに贄川(にえかわ)駅前から再開。雨は早朝に上がり、曇りで25度以下の感じで涼しい。

贄川関所。
画像


横の考古館。
画像


ここの管理のおばさんがぜひ持って行けと、くれた冊子。木曽路をカバーした46ページで木曽観光連盟の作。
画像


贄川の宿の本陣跡の民家。本山の宿から延べ1時間半。
画像


贄川の町も雰囲気がある。
画像


重文の深澤家の古い家。
画像


贄川の栃の木。樹齢千年だと。
画像


押込の一里塚。
画像


ここは、以前は楢川村平沢、今は塩尻市。平沢は宿場町ではないが、宿場町満点の雰囲気で、町中が漆器を商う店だ。
画像


川の向こう岸の橋戸の一里塚。
画像


奈良井宿は五街道随一だろう。車と舗装が無ければ江戸時代だ。観光客も多く、民宿も多い。
画像


画像


奈良井の宿の本陣跡。贄川の宿から1時間半余り。贄川から100m登ってきて、ここは高度940m 。
画像


古い旅籠の越後屋。
画像


下問屋で昔は脇本陣も兼ねていたとの表示。
画像


上問屋。
画像


櫛問屋の中村屋。
画像


奈良井の街はずれから山道に入り、200m上の鳥居峠を目指す。
画像


最初はきれいな石畳み。
画像


次いで整備された道。
画像


山道に入って30分で、鳥居峠の一里塚。ここで1150m。後50m。前の一里塚から1時間4分。
画像


鳥居峠の峰の茶屋。ここで1197m 。
画像


ここで熊が出るとも思えないが、熊除けの鐘。熊も人間が怖いので、鐘で人間がいると教えよう、という事。
画像


南南西に町が見える。多分これから行く藪原の町だろう。
画像


山道の終わり。ここはもう塩尻市から木祖村に入ってる。
画像


尾張藩の鷹匠役所。この付近で鷹の雛を捕らえ、飼育した。
画像


薮原の宿の本陣跡。奈良井の宿から1時間半足らず。ここでまだ高度930m。
画像


古い旅籠屋のこめや。
画像


古くからのお六櫛の店。
画像


薮原の一里塚は展示されているデゴイチの前。
画像


国道沿いの焼肉屋でビビンバのランチと日焼け止めの追加塗り。完全な晴れになり、暑い。道々の表示は、27度だったり29度だったり、まあ30度直前。

下吉田の一里塚は場所もわからず。

全く渦巻いていない静かな巴淵。写真では無理だが、、魚が見える。
画像


木曽義仲が作った徳音寺。巴御前が馬に乗ってる像もある。
画像


真ん中が義仲の墓、右が母、左が巴。
画像


宮ノ越の宿の本陣跡はすごく立派だ。薮原の宿から1時間半余り。
画像


樋口(宮ノ越)の一里塚。
画像


ここに中山道の中間点の表示があった。江戸時代の人は知らなかっただろうが。
画像


こんな道も通った。あの細い、下が透ける橋も。
画像


出尻の一里塚は、今の街道とは離れた位置にあり、この田んぼの先。見えない、行けない。
画像


諦めたら、国道沿いにあった。新しいので、見られる所に最近移設したようだ。
画像


木曽福島の関所がこれ。
画像


関所の横に高瀬家。島崎藤村の姉の嫁ぎ先だって。
画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中山道(4-2) ある引退者の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる