ある引退者の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 中山道(4-1)

<<   作成日時 : 2017/07/12 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日から3日間、下諏訪から南木曽まで歩く。暑いが、高度があるので平地よりも涼しいだろう。次は秋だ。
梅雨が明け切らないが、運が良ければ、曇りで30度以下だろう。ここ数日、天気予報の降水確率が上がったり下がったりした。現時点では、木曜が30〜60%で、降っても大したことはないだろう。

朝6時前に家を出て、八王子から7:29にスーパーあずさ1号に乗り、3分遅れで9:27に下諏訪着。これが一番早い。あずさの指定席は満席。甲府・諏訪・松本方向で仕事の人は当然これに乗るだろう。

下諏訪駅前で、忘れてきた日焼け止めを買った。
下諏訪駅前から2ヶ月ぶりに再開。

魁(さきがけ)塚は、赤報隊の幹部の墓。知らなかったが、江戸末期に幕軍と戦ったが官軍とは認められずに悲運の人々だそうだ。
画像


岡谷市に入る。
東堀の一里塚は、石碑に笹が植えられている。
画像


今井の御小休本陣とある。
画像


下諏訪駅から少しづつ登って、岡谷ICの横は高度850m。ここからは坂道で峠まで200m登る。道は舗装され車一台が通れる幅がある。途中振り返ると諏訪湖が見える。
画像


雲もあるがほぼ晴れ、30度は無いと思うが、急坂は汗が滴る。
塩尻峠は1055mで、展望台の建物がある。
画像


峠を少し下ると、茶屋本陣があった。
画像


東山の一里塚は盛り土が残っている。峠越えがあったが、前の一里塚から何とか1時間以内で着いた。
画像


曇ってきて、11:45小雨が降ってきた。傘がいるほどではなく、少し涼しい。ここ辺りで下諏訪と同じような高度、峠から完全に降りた。
柿沢の一里塚は場所が不明だが、推定地に新しい碑ができている。
画像


塩尻宿の西の入り口の碑。
画像


旅籠屋いてふやの古い建物が残っている。
画像


塩尻は宿場町の雰囲気がある。
塩尻の宿の本陣跡。下諏訪の宿から、延べ2時間半弱。
画像


庄屋の堀内家の建物は重文だそうだが、修理中で見えない。
画像


平出の一里塚は現存している。美しい。松の木の一里塚は初めて見た。
画像


国道沿いのラーメン屋でつけ麺のランチ。

洗馬(せば)の宿の本陣跡の標識。塩尻の宿から1時間15分。
画像


洗馬の町は、道路は広いが、古い家もあり、多少の雰囲気がある。高札場跡もある。
画像


牧野の一里塚の碑。塚の上には、古い公民館風の建物があった。
画像


本山の宿の本陣跡。洗馬(セバ)の宿から30分強。
画像


本陣跡で急に雨が降り出した。真上は暗いが周りの空は明るい。じきに止むだろう。傘をさして30分ぐらい歩いたら止んだ。

日出塩の一里塚。標識が何か手作り風。
画像


「ここから美濃路」で、昔の松本と尾張の国境。今の長野県と岐阜・愛知県の境とは異なる。
画像


国道沿いの上の方に若神子の一里塚。この辺りで高度850m、少し登ってきた。
画像


中央線の贄川駅前で、今日は終わり。5時間半ぐらいで、4万歩余り歩いた。30キロぐらいだろう。

塩尻駅まで戻り、駅前のホテルに泊まる。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中山道(4-1) ある引退者の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる