ある引退者の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日展

<<   作成日時 : 2013/11/08 10:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

昨日、六本木に寄って、日展を見てきた。4時からは、1200円の入場料がたったの300円になる。安い時間は混むのかなと思ったが全然混んでなかった。2時間も見るわけでもないので、4時以降で十分だ。

洋画は1階と2階に分かれていて、1階の入り口付近に入賞作が集められている。
展示されているのはほとんど100号以上の絵ばかり。展示数が多いので、2段になっているところもあった。
記録を見ると、応募は2000点以上で入選が500余り、4倍の競争率だ。しかも初入選は1割程度の狭き門だ。一般以外の絵もあるので、展示は600点を超える。

入り口で名前と住所を書けば、写真が撮れる。好きな絵もあったので何枚か撮ってきた。

目立ったのは、人物画の多さ。特に女性を精密に描いた絵が多い。まるでピントの合い過ぎた写真の様で、技術と根気はすごいと思うが、ちょっと気持ちが悪い。

特選の「ハミングバード」。
画像


「夏の果」。ドレスの襞をここまで細かく描くのか、という絵。
画像


「・・・ガブリエル」。細かくはないし、周りの黄金色との対比が美しい。
画像


女性の人物画以外で私の気に入った絵が以下。

特選の「長崎の灯」。灯りの描写がすごい。
画像


特選の「近江町市場」。雰囲気が出ている。
画像


「北の踏切」。黒がすごい。
画像


「雪の参詣古道」。平凡な題材だが、うまい。
画像


「白い朝」。うまい構図だ。元になった写真があるなら借りたいくらいだ。
画像


洋画には抽象画がほとんどない。非常に奇妙な感じだ。後でネットで調べると、日展は具象に偏っているらしい。私は具象の方が好きだが、ここまで抽象画がないと、寂しい。


時間があったので、日本画の部屋も眺めてきた。別に日本画と洋画を分ける意味はないと思うが、平均的には多少日本画の方が線が細いかもしれない。どちらにも、油絵風の厚塗り間の絵があるし、風景や木々を画面全体まで細かく書き込んだ絵もある。日本画には多少、抽象画もある。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日展 2015
荒川ウォーキングの後、六本木に寄って、日展を見てきた。2年ぶりだ。 2年前は、4時からは1200円の入場料が300円になる割引きがあったが、今回は無かった。ただ、スマホで日展のホームページを見せれば、1,000円になる割引きがあった。 ...続きを見る
ある引退者の日記
2015/11/23 20:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日展 ある引退者の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる