ある引退者の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 杉山寧展

<<   作成日時 : 2013/10/18 10:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日はもう一つ、展覧会に行った。
例によって読売新聞に招待券をもらって、横浜高島屋の杉山寧(やすし)展に行った。
日本画なので、それほど強い興味があるわけではないが、横浜駅付近で用事もあったので行ってみた。

時代順に並べてあったので、この画家の絵が変わっていくのがよくわかる。

途中で、抽象画の時代があるのが面白い。本人は抽象も具象もないと言ったらしいが、他人から見れば、数年間は完全な抽象だ。

抽象の時代の後の、エジプトの絵はすごい。「悠」と名付けられた150号ぐらいの大きな絵だ。スフィンクスとピラミッドが、単純化され、色も美しい。日展に出された絵だから、世の中に問う感じだろう。写真は撮れないので、ネットで見つけて無断で拝借してきた。


これに比べると、有名な鯉の絵は3枚あったが、こちらは商品という感じ。非の打ちどころのない完成された絵だと思うが、売り物という感じ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
杉山寧展 ある引退者の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる