ある引退者の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本アンデパンダン展

<<   作成日時 : 2013/03/22 10:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日初めて日本アンデパンダン展を新国立美術館(六本木)に見に行った。川崎版は経験済みだから、日本版を期待して行った。

いろいろなものがあって面白かった。写真のような絵、題名がないとわからない抽象画、変なオブジェ。工芸や書も少し。
絵は、油絵、水彩画、その他漫画的なものも。油も300号からハガキ大まで。100号クラスも多かった。
上手い絵から、初心者まで。1人で6点のシリーズ物も。全部で何点あるかわからない。絵しか見なかったが一時間かかった。

入口付近で2枚の絵の写真を撮った。この2枚は印象が強烈で、それ以降の絵が霞んでしまった。

鋳物工場Iと題されたこの絵は百号ぐらい。すごいの一言。


時の流れというこの絵はそれほど大きくない。数メートル離れて見て、古い板が貼ってあるオブジェかと思った。蔦は造花だろうと思った。1メートルに近づいて、絵だと分かった。絵としてすごいかは疑問だが、印象には強く残る。


700円の入場料は高くはないが、料金を取るなら作品一覧表ぐらい用意してほしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本アンデパンダン展 ある引退者の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる