ある引退者の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS クラーク・コレクション

<<   作成日時 : 2013/03/08 17:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日三菱美術館に行ってきた。丸の内のビル街の中に、レンガ造りの3階建ての建物があった。前面には庭もあった。三菱グループの誇りを表すような建物だ。


3階から入って、3階と2階に展示されている73点を見て、1階に降りると、そこは売店になっている。

ルノワールは3階の1画と2階の最後の所に固めてあった。ルノワールの風景画は、暖色系の色が特徴的で、ルノワールだとわかるが、やはり若い娘を描いた絵がやはりルノワールだ。肌が美しい。
自画像が2枚あったが、非常に丁寧に描いてある。特に目などすごい。鏡を見ながら描いたのだろうか。

ロートレックの「待つ」の女性の斜め後ろからの絵も良かった。
名前は聞いたことがなかったが、アルフレッド・ステヴァンスとジョヴァンニ・ボルディーニの女性の絵も良かった。
ドガの踊り子の絵も一枚あった。地味な絵だが構図も良かった。

他の画家も含めて、この73点では、風景画より圧倒的に人物画がいい。クラーク・コレクション全体ではどうなのかは分からない。

Clark Collectionを調べると、今回の東京での展示は、2年前の3月から3年間の世界ツアーの一環だと分かる。ここのホームページで、この世界ツアーの73点の絵の写真が見られる。

ちなみに、クラーク夫妻がこれだけ(73点はその1部)の絵を集められた財力は、おじいさんがシンガーミシンの共同創立者で大富豪だったところから来ている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クラーク・コレクション ある引退者の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる